練習のための練習はしない

日本にスポーツを教えにくる外国の指導者は、
「日本の選手は、工夫が足りない」と、よく言う。
基本はしっかりしているし、教えたことはよくこなすが、
勝つための工夫やアレンジに難がある、と。
いつも基本を大事にしてしまう日本人の悪いところだ。

サッカー関係者の中には、「日本の選手は技術では負けてない」
「足元の技術は世界でも通用する」と胸を張る人がいるのだが、
元全日本代表監督のオシムは、それを、
「サーカスの技術」と言って、切り捨てていた。

曲芸用の技術としてはすごいが、

サッカーは曲芸ではない。
必要なのは、走りながら、相手に邪魔されながら繰り出す技術であって、
立ち止まって自分のタイミングで披露する技術ではない。
それを「技術」とは、サッカーでは呼ばない。
そう考えるオシムは、普段から、選手に考えさせる練習ばかりさせていた。
”練習のための練習”になることを最も嫌っていた。

似たようなことは、確か、古武術研究の甲野善紀さんも言っていて、
「世間には演習しかない」という旨のことを著書に書かれていたと思う。
武道を習う人は、まず基礎(型)を習い、それから演習を習うのだが、
実践に”基礎”というものは、”ない(存在しない)”。
基礎というのは、実践(演習)の中にいた人が、
他の人に伝授するために、エッセンスとして取り出した部分のこと。

だから、教わる人は、「基礎→応用」の順番を当たり前だと思っているが、
本当の流れは、「演習→基礎」でしかない、と。
ここを見失うことから、型の形骸化や、
基礎に忠実すぎて、融通のきかない形などが生まれてくる。
「もともと、融通をきかせるために『型』を作ったんやけどなぁ・・・」
多分、最初に型を作った人たちは、そう思っている。

近代日本の知性・福沢諭吉は「実学」を重んじていた。
「実学」は、そのままの意味をとれば、「役に立つ学問」ということだが、
本人は、本の中で、
「実学」とは、「碁・将棋の定石や槍・剣術の型のようなもの」、
と、言っている。

「実学」=型のようなもの。
一見矛盾するようだが、
社会や人生で役に立つための学問の”型”をちゃんと学べ、と福沢は言ったのだ。
彼は、口先だけで役に立たない漢学者たちを、一方では批判しつつ、
自分は、膨大な量の漢学書や蘭学書を”素読”するという、
”型通り”の勉強で、基礎を作っていった。
「実践(演習)のための基礎」にしか価値がないことをわかっていたのだろう。
だから、福沢諭吉の言っていたことは、
オシム監督が言っていたことと同じで、
ふたりとも、
「練習のための練習をするな」と言っているんだろうと、解釈している。