友達は友達同士、一緒に、良くなっていく

今西錦司の『生物社会の論理』を読んでいた。
今西錦司が提唱した「すみ分け理論」は、
ダーウィンの「進化論」(特に「適者生存」)を否定する独自な理論だが、
話が面白すぎたのか、後に続く学者が少なかったようだ。
彼が提唱した「すみ分け」とか「個体ではなく、”種”での適応」とか、
この時代こそ、見直される考え方のような気がするけど、
それは人間社会から科学を、一方的に見ているだけだからだろうか。

「棲み分け」は、実社会でも大いに役に立つ概念だ。
夫婦でも友達でも仕事仲間でも、
棲み分けができているとケンカが起こらない。
恋人同士、両方がファッションに興味を持っていると、
意見がぶつかりあってしまうが、
どちらか片方が「ファッションなんてどうでもいい」と思っていれば、
ケンカは起こらない。
興味がないことには、相手の言うがままに従っていればいい。
ファッションは相手の分野。
そう認められれば、ケンカは起こらない。
「ここは自分の守備範囲ではない」と、相手に譲ることができれば、
棲み分けは、自然とできてくる。

たとえ恋人同士が、
どちらも、ファッションを自分の守備範囲だと思っている場合でも、
関係が深くなるにつれて、守備範囲が細かくなっていけば、
自然と、棲み分けはできてくる。
コーディネートについては自分の守備範囲だけど、
色のセンスは、あちらの方が上だなと。
棲み分けには、ある程度の時間も必要だったりする。


普段仲のいい高校生たちが、お互い、ふくれっ面で黙っている。
思春期の子どもたちは、生きてきた時間が短いので、
互いの守備範囲がかぶることが多い。
自分の守備範囲だと思っているところで友達に口を挟まれると、
簡単に険悪な雰囲気になってしまう。
(子どもだから、簡単に、いい雰囲気に戻るんだけど)

相手を認めること、相手に屈することを「負け」だと思っていて、
自分の方が”より知ってる”と主張することで、
 優位にたとうとする。
そういう段階では、棲み分けに至ることはない。

棲み分けは、「ぼくらはみんなで生きている」という前提から始まる。
「ぼくらはみんなで生きている」が故に、
しょうがなく、棲み分けをし、棲み分けを経験することで、
棲み分けがいかに役立つかということに気づく。
「あぁ、張り合うより、棲み分けた方が何倍も楽!」なのだと。

自分は相手よりも知識があると張り合うよりも、
相手を認めて、お互いの役割を分けた上で、
知識の持ち寄りあいをした方が、よっぽど知識は増える。
そのためには、相手に譲ること、相手に屈することを知らなければいけない。

この子たちには、もう少し時間がかかるかもしれないけれど、
最近の高校生は、
「ニコイチ」(「二人で一人」の意。仲がいい間柄の表現)という言葉も使っている。
「二人で一人」だと考えることができるなら、
二人一緒に向上していく、という考え方もできるはずだ。

この世は必ずしも「適者生存」でもないし、
 「個体間の競争」だけでもない。
友達は、友達同士、一緒に、良くなっていくのだ。
いいかげん仲直りしてくんないと、
用意した課題が無駄になるんだけどなぁ。